NA型ロードスター限定車、Gリミテッド

1995年1月に発売されたGリミテッドは限定車ですが、台数が1500台と多いです。
理由は、安い価格設定でお買い度感があったからなんですよね。

スポンサーリンク

NA型ロードスター限定車 RSリミテッドの概要

1994年12月15日発表、1995年1月3日に発売されたGリミテッドはスペシャルパッケージ庄着車両より32000円安い価格設定でお買い得感が高い限定車です。

ブルーのボディーカラーに合わせて、ソフトトップも紺色に統一してオシャレなのが特徴的ですね。

バケットシートはJリミテッドⅡの物と同型ですが、シート表皮は人口皮革のエクセーヌが使われています。
バックスキンのような感触で滑りにくいので高いホールド性が期待できます。

オーディオは、高音用ツイーターをドア上部に配置し、ドアスピーカーは中低音を重視したタイプを採用してオープンでも高い音響空間になっています。

 

NA型ロードスター限定車 Gリミテッドの装備

■NAロードスター限定車のグレード

ベース車両
標準モデル(1.8ℓ、パワステ・パワーウインドウ装着車)

 

新車価格(当時・税別)
Gリミテッド 5速MT/4速AT 189.8万円/194.8万円

 

Gリミテッド装備

専用ボディカラー、サテライトブルーマイカ

紺色ソフトトップ

エクセーヌ地バケットタイプシート

モモ社製本革巻きステアリング

高性能スピーカーシステム(高音用ツイーター、中低音用ドアスピーカー)

アルミホイール

 

■販売台数
限定1500台

■実生産台数
1484台(AT/276台 MT/1208台)

 

NA型ロードスターGリミテッドのまとめ

NAロードスターGリミテッドは、それまでの限定車とは少し違って特別感というより、お買い得感を感じさせる車ですね。

 

コストパフォーマンスが高いオシャレな限定車って感じですな。

生産台数も全然多いですが、予定数までは売れなかったようです。

まあ、指名買いするような内容の車じゃないですし、お得だからコレにしようって感じで売れたんでしょうからね。

こういった感じの限定車って色んな車でも出てくる売上貢献の限定車だし、RSリミテッドみたいな限定車のほうがそそられるよな~。

でも話題性ってことで、こういうコストパフォーマンスのよい限定車も必要なんだろうな~。

 

スポンサーリンク