NA型ロードスター限定車、RSリミテッド

1994年に発売されたRSリミテッドはロードスターの走りの方向性を探ったともいえる限定車です。
毎年のように各パートを進化させていたロードスターの先行調査の意味を持つともいえる1台です。

スポンサーリンク

NA型ロードスター限定車 RSリミテッドの概要

1994年7月20日発表、9月1日に発売されたRSリミテッドはロードスターの走りの方向性を探ったともいえる限定車です。
毎年のように各パートを進化させていたロードスターの先行調査の意味を持つともいえる1台です。

Sスペシャルをベースに走りの装備を増やして、ロードスターでは初となる15インチタイヤを装着しています。

 

また、マイナーチェンジで4.3から4.1に高くなったファイナルギヤレシオを低くして加速性能をアップしています。

エンジン性能のアップで補えると考えられていましたが、加速が重いとの評価もあったための変更のようでファイナルギアを4.3に戻してします。

 

NA型ロードスター限定車 RSリミテッドの装備

■NAロードスター限定車のグレード

ベース車両
Sスペシャル

 

新車価格(当時・税別)
RSリミテッド 5速MT 221.5万円

 

RSリミテッド装備

専用ボディカラー、モンテゴブルーマイカ

最終減速比変更(4.100→4.300)

BBS社製15インチアルミホイール

ブリヂストンタイヤ「POTENZA RE010 195/50R15」

レカロ社製フルバケットシート

RSリミテッド専用ロゴプレート

 

■販売台数
限定500台

■実生産台数
798台

 

スポンサーリンク

NA型ロードスターRSリミテッドのまとめ

技術的な特徴がシリーズ2と呼ばれるマイナーチェンジモデルにつながっていったRSリミテッド。

マイナーチェンジで不評だった部分の反応をみる意味合いもあったそうですが、レカロのフルバケや15インチのBBSを装着したいで立ちはイヤでも走りへの期待を持たせてくれます。

自分も少し運転させてもらったことがありますが、狙い通りに加速感が良かったですね。

まあ、その車両は足回りがクアンタムの車高調が入っていたので、しっかりアクセルを踏み切れたってのもありますが。

専用のボディーカラーのモンテゴブルーマイカも凄く似合っていて非常に好みな一台ですね~(^^♪

 

スポンサーリンク