マツダロードスターのイタリア版、新型フィアット124スパイダーのグレード・スペックを紹介

新型フィアット124スパイダーは、マツダのND型ロードスターをベースに作られていため、兄弟車といえます。

生産は広島のマツダで行われていて、日本車のクオリティと、イタリア車のデザイン力が見事に融合しています。

イタリア車らしい、おしゃれな雰囲気に仕上がっていますね。

スポンサーリンク

フィアット 124スパイダーのグレードを紹介


日本では、まだ正式に発表されていませんので米国仕様を紹介します。

ボディカラーは全7色。

アダプティブフロントヘッドライトを採用。

7インチタッチスクリーンインフォテインメントシステム「Fiat Connect 7.0」を採用。

米国で発表された価格は、エントリー・グレードの「124スパイダー クラシカ」が2万4,995ドル(約266万円)。

この仕様は、

・ハロゲン・ヘッドライト

・ブラックのクロス張りシート

・デュアル・エキゾースト

・16インチ・ホイール

・6スピーカーのオーディオ

などを標準装備となります。

6速オートマを選ぶと1,350ドル(約14万円)ほど高くなります。

 

上級グレードの「124スパイダー ルッソ」は2万7,495ドル(約292万円)

・17インチ・ホイール

・ブラックまたはサドル・カラーのヒーター内蔵レザー・シート

・インフォテインメント・システム用7インチ・ディスプレイ

・クロームエキゾースト・テールパイプ

・シルバー塗装のウインドシールドのフレームとロールバー・カバー

などが標準装備となります。

ほかにボディ・カラーに特別色の3層ホワイト・パールが用意されます。

 

フィアット 124スパイダーのスペックを紹介

エンジンは、フィアットオリジナルの1.4L直列4気筒マルチエアターボで、馬力は北米仕様と欧米仕様で違います。

フィアット124スパイダー

■北米仕様:160馬力、最大トルク25.5kgm、6速MT&6速AT

■欧州仕様:140馬力、最大トルク24.5kgm、6速MTのみ

全長:4055mm(+140mm)

全幅:1,740mm(+5mm)

全高:1,237mm(+2mm)

ホイールベース:2,310mm(+0mm)

マツダロードスターとの比較( )

マツダロードスターより全長が約140mm長いですけれど、これは主にトランクスペースの拡大に充てられています。

マツダロードスターに対して、荷室容量は8.5Lほど大きくなっています。


フィアット124スパイダーは消音性能に優れた部品を使っていて、マツダロードスターよりも静粛性が優れているそうです。

しかし、それによって重量が約45kgほど増加しています。

スポンサーリンク

フィアット 124スパイダーのグレード・スペックのまとめ

124スパイダー内装画像出典:http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-627.html

マツダロードスターとは、また違った魅力のフィアット124スパイダー。

仕立てが全然違うのでユーザーが、被ってしまうことはなさそうです。

個人的には、やっぱりマツダロードスターが好みですね。

さて欧州、米国と発表されましたが、肝心の日本はというと・・・。

どうやら2016年11月に発売されるようです。

こういうスポーツカーの選択肢が増えるのは、とても嬉しいですね~。

スポンサーリンク