古いヒューズは全交換!車のヒューズは消耗品なのです!

どんな車でも付いてるヒューズ。
最近の車は電子制御が増えて、依存度が高いですが、昔の車でも使われているアイテム。
そんなヒューズですが、切れなければいいと思っていたら間違いです!

スポンサーリンク

ヒューズには寿命があるのです。

画像出典:https://www.photo-ac.com/

ヒューズとは、いわば安全装置。
ですから、ヒューズが切れた場合は交換作業より「何故切れたのか?」の原因を究明する事が大事です。

根本的な原因を解消しないと、またすぐにヒューズが切れる事になり、より甚大な被害を招く恐れがあるんです。

しかし、古い車になるとヒューズが切れても新しいヒューズに取り換えると再度切れないというケースがあります。

この場合は、単純にヒューズが寿命だったケースですね。

実はヒューズには寿命があって、メーカーの推奨は10年程という事です。

 

ヒューズに寿命がある理由

ヒューズに使われている材質は非常に柔らかく、通電すると発熱するんです。

発熱すると膨張して伸び、冷えると縮んでしまう。
これをを繰り返すうちに、徐々に断面が細くなってくるそうです。

そうすると、あまりに古いものだと規定電流以下で切れてしまう、という事態が起こってくる事が多くなるで10年程度を寿命の目安にしているのだそうです。

 

愛車のNCロードスターのヒューズを交換

助手席の足元にあるヒューズボックス。

ここのヒューズは、ミニ平型ヒューズです。

車内のヒューズボックスにあるヒューズは、それほど数は多くないですね。

 


あとは、エンジンルームにもヒューズはあります。

こちらは、かなり数が多いです。

そして、ヒューズの種類は低背ヒューズです。

しかも、ここのヒューズは結構固く入っているので取り外しには、しっかりと摘まめる工具は必要だと思います。

他に、箱型の大きいヒューズも存在しています。

ミニヒューズは、量販店でも手に入りますが大きいのは売っていないので、ディーラーなどで注文しましょう。

数は多いですが、交換作業自体は簡単です。

 

スポンサーリンク

古いヒューズは全交換!車のヒューズは消耗品まとめ

画像出典:https://www.photo-ac.com/

NAやNB形のロードスターでは、ヒューズの数はそんなに多くないみたいですが、NCロードスターはエンジンルームのヒューズがかなり多かったですね。

で、交換してみた感想ですが・・・何も変わった感じはないですねwww

 

まだ、初期型でも10年超えたところなんで体感できるくらいの変化りませんね。

しかし、NAやNBのロードスターだと20年とか経っているんで交換していないヒューズは劣化しています。

ここまで古くなると交換後は、「なんとなく調子がいい」とか体感出来るくらいの変化が出てきます。

 

エアコンの調子も変わってくるらしいので、古い車の場合は交換してみるといいかも?です。

ヒューズは、切れることによって機能を果たすので、電気系統では一番弱いところ。

劣化が一番早いのも、正常に機能している証とも言えますね。

よくよく考えればヒューズも配線の一部ですから、古くなったら定期交換をして調子良く乗っていきたいですね。

 

スポンサーリンク