NCロードスターのエアコンフィルターを取り付けてみました!

PM2.5とか、スギ花粉とか、最近注目されてきて普段からマスクをしている人が増えましたよね~。
で、車にも対応したフィルターが装着されるようになった昨今ですが・・・
実は、ロードスターにはエアコンフィルターが付いてないんですよね。

スポンサーリンク

ないなら自分で付けるしかない!

軽量化なのか?

コストダウンなのか?

そもそもオープンにしたらエアコンフィルターなんか関係ないから付いてないのか?

とにかく、ロードスターのエアコンにはフィルターが付いておりません!

 

NCロードスターの場合、エアコンの空気取り入れ口はココになります。

ここからエアコンのファンまでは直ぐですよ~。

ですから、中からファンを外してみると結構汚れています・・・

絶えずオープンで走っているわけでもないですし、クローズの時の事も考えると多少なりとも粉塵の侵入は抑えたいなぁ~という事で・・・

 

ダイソーで買ってきたエアコン用のフィルターを使って自作したいと思います。

 

まずは、フィルターが吸い込まれないようにプランター敷でネットを作り、アルミテープで貼りつけました。

 

次にエアコン用のフィルターを取り付けます。

小さい、マジックテープが付属してたんでネットに貼付けて、上からフィルターを貼りつけました。

一応、アルミテープも貼っておきました。

 

スポンサーリンク

NCロードスターのエアコンフィルターを取り付けてみました!まとめ


最新のNDロードスターでもエアコンフィルターは付いてないようですね~。
オープンにしたら、あんまり関係ないといえば関係ないんですがクローズで乗っている人も割といますしね~。

今時、エアコンフィルターくらいは装備しておいてほしいな~と思いますね。

しかし、NDロードスターのエアコン吸気口ってめっちゃ小さいな(;^ω^)

今回は100均アイテムで自作したんですが、耐久性や効果のほどは全くの未知数ですwww
かなり自己満足な気もしますが、すぐに効果が分かる事でもないですからね~

まあ、気持ちの問題としてやらないよりは良いかな~と。

で、この作業の為にカウルを外したんですが、この辺のクリップとかは防水の為にパッキンが入っているんですよ。
これがね、もう完全に終了していましたww

触ったら砂になって飛んでいきました(;^_^A

年数的にも、雨漏りの原因になりやすい箇所なんで古い車両の人は梅雨の前に交換されると精神的にいいですよ~!

 

スポンサーリンク